DHAとEPAには健康効果がいっぱい!

 

 

 

 

DHA・EPAとは

 

サンマ

DHA は私達の体内で合成できない栄養素のため、食事からこまめに摂取する必要があります。それはDHAが体内機能の維持や健康管理に大きな影響を及ぼすと言われているからです。EPAは体内で合成できない必須脂肪酸。正式名称エイコサペンタエン酸です。この成分は、主にサラサラ効果に長けた栄養素だと言われています。ではこのDHA・EPAは私達にどのような関係があり、そのような成分なのでしょうか。

 

 

DHAとは

 

DHA の正式名称はドコサヘキサエン酸といい、主に青魚に多く含まれています。脂肪酸であるDHA は脂肪酸の中でも健康にとても良いとされる不飽和脂肪酸であり、その中の必須脂肪酸に該当する脂肪酸です。必須脂肪酸は体内合成出来ないもののため、食事からの摂取が必須とされています。寒い地域や気温の低い場所でも固まらないため、サラサラ効果が高いとされ注目されている成分です。

 

 

EPAとは

EPAは正式名称エイコサペンタエン酸と言い、寒い環境でも固まりにくい特徴を持つ不飽和脂肪酸のひとつです。その中でも体内合成出来ない脂肪酸、必須脂肪酸に該当します。体内合成出来ないため、毎日の食事から積極的に摂取する必要があります。心疾患、動脈硬化などの改善、予防に高い効果を発揮すると言われています。DHAと同じく青魚に最も多く含まれています。

 

 

DHAの効果と働き

DHAは固まりにくいという特徴があるため、血液の流れをスムーズにし、血管を丈夫に、そしてしなやかにするため、動脈硬化やその他の生活習慣病の予防に役立ちます。その原因ともなる悪玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロール解消効果のある善玉コレステロールを増加させる働きがあるからですまた細胞を活性化、健康維持の働きもあるとされ、頭が良くなる成分としても有名。視力回復効果やアルツハイマー治療にも注目されています。

 

EPAの効果と働き

EPAの効果の一番大きな特徴は、そのサラサラ効果にあります。そのサラサラ効果は絶大で、血栓が出来るのを防ぎ、血液の流れをスムーズにしてくれます。動脈硬化、ドロドロ血液の原因とされる中性脂肪やコレステロールの増加、吸収を防いでくれるためだと言われています。また、そのコレステロールを回収、排出させてくれる役割を持つ善玉コレステロールを増加させ、中性脂肪やコレステロールの代謝を活発にしてくれる効果もあります。

 

 

DHAを多く含む食品

 

DHAの多くは青魚に含まれています。マグロ、タイ、ブリ、サンマ、イワシ、サバ、アジ、カツオ、カレイなどです。1日の摂取量はDHA と同じく必須脂肪酸であるEPAを合わせて、約1000mg程度が理想だと言われています。イワシで1〜2尾程度、マグロの刺身で5切れ程度ですが、調理法などでも摂取量が変わってきます。足りない場合はサプリメントでの摂取が良いですが、過剰摂取には注意しましょう。

 

DHAを多く含む食品

EPAもDHAと同じく、青魚にもっとも多く含まれています。一番多く含まれているのはクジラ肉ですが、なかなか手に入りにくい食材のため、その他の食材で代用を。イクラやカズノコなどの魚卵にも多く含まれているのも特徴のひとつです。また、海苔などの海藻類にも豊富に含まれていますので、毎日の食卓への登場回数を増やしましょう。